2013/12/10 産後になぜバランスボールエクササイズなのか

出産した後、「運動して体を引き締めなくちゃ~!」と考える方は多いはず。「なぜビューティクルは、産後ケアにバランスボールを使うの?」という質問をよく受けます。

訪問産後ケア
訪問産後ケア

体を引き締める、元に戻すエクササイズは、ヨガやピラティスやエアロビクスなどなど、どれもよさそう~~ですものね。

 

出産後の母体は、お腹をはじめ足などの筋力が低下しています。この筋力が回復しないうちに長時間立ち姿勢での生活でさえ、下半身に腰痛や膝痛みといった悪影響が出てしまいます。

 

ですので、できるだけ腰や膝に負担のない「座位」のスタイルで運動しないと、体への負担が大きいわけです。

 

さらには、妊娠中、大きなお腹に圧迫されることで浅くなっている呼吸を促したり、夜中の授乳などで、自律神経が乱れるのを整える必要があります。これには、有酸素運動がもっとも適しています。

 

有酸素運動といえば「スイミング」や「ウォーキング」「ジョギング」などが代表的ですが、赤ちゃんを連れて20分以上も外で走ったりするのは、相当なパワーも持ち合わせていなければ、しんどいですよね。

 

そこで!座った状態で、自宅でも簡単にできるのがバランスボールを使った有酸素運動なのです。

 

ボールの弾みを使って有酸素運動をすることで、脂肪を燃焼させてエネルギー源に変えていきます。産後に衰えた体力を回復させるには、膝・腰に負担の少ないバランスボールが大変効果的なのです。

 

ビューティクルの開発した「ボディバウンスボール®(BBB®)」は有酸素運動と呼吸促進がメイン。

この中に筋トレ(刺激)をいれて、回復させなければいけない筋肉と、体力(持久力や瞬発力や代謝)を高めます。

 

有酸素運動は、運動の中で唯一、自律神経を整える働きがあります。

このため、産後女性の心体を整えることができます。

 

ビューティクルが「バランスボール」を使って産後ケアする理由、おわかりいただけたでしょうか?

 

文責:谷藤里絵