2014/01/04 産後は痩せやすい!?

出産後、「授乳をしていると痩せる」とか「半年までに痩せないと戻らない」とか、いろいろな噂?が飛び交っております。

体重を戻すこと、

体型を戻すこと、

たるんだ部分を引き締めること、

 

それぞれが何かしらの目的をもった考えで「産後ダイエット」や「産後ケア」などの情報を探していることでしょう。

 

骨格が変形し、筋肉の損傷と引き伸ばし、脂肪の蓄積による体重増加と普段の10ヶ月の中では、あり得ない妊娠生活を送ることとなるので、さぞ産後の体の不安は募る妊娠中だと思います。

 

同時に出産の恐怖もあり、とても産後の体のことには、意識がいきがたいのが現実かもしれません。

 

ビューティクルの「産後ケア」は

筋肉を回復させる

 

この視点で体の回復を促します。

その先に、引き締めや体重減量があります。

 

これを行わないことには、どんなに整体で骨格を整えても、ウエストニッパーやベルトで骨盤を整えても、筋肉が機能しないことには、体型も体の弊害も(腰痛、肩こりなど)体重もたるみも元に戻りません。

 

正しい姿勢をキープするにも筋肉が大事。

整った骨盤をキープするにも骨盤周り(腹回り)の筋肉が大事。

代謝をあげるにも、筋肉が大事。

メリハリな体を作るのにもやっぱり筋肉が大事。

脂肪を燃焼させるのも筋肉が大事。

 

やっぱり行き着くのは「筋肉」なのですね。

 

出産後のおなか周りの筋肉、靭帯組織は、妊娠、出産時にしか起こりえない「柔軟性」が増しています。そのおかげで、腰が痛くなったり、股関節が痛くなったりするトラブルが起こるデメリットもありますが、赤ちゃんが生まれてくる楽しみで、ここのデメリットは乗り越えられますね。

 

更にメリットとしては、「骨格を整えるチャンス」でもあります。思い通りにならない体でビックリ仰天ではありますが、せっかくなので、ちょっとしたことを意識さえすれば、意外と簡単に体を綺麗に美しく導ける時期なのです。

 

ビューティフルチャンスは出産後!

 

体の事ももちろんだけど、子供を授かったことで様々な視点で物事を見る力も養われ、人として成長できるのが「親」となった人に与えられたご褒美。 

 

文責:谷藤里絵