2013/12/19 産後の抜け毛

出産後、抜け毛が増え、このままずっと抜け続けるのでは?と不安を感じている方はとっても多いようです。産後の抜け毛がストレスになり、抜け毛を悪化させる場合もあるので、メカニズムを少し書いておきますね。 

 

髪の毛は、女性ホルモン(卵胞ホルモン)と深く関わっており、女性らしい身体を作ったり、骨を丈夫にしたり、髪の成長を促しています。

 

産後の抜け毛は、女性ホルモンの影響によって起こります。産後2ヶ月くらから始まり、全体的に抜けるようになります。

 

特にシャワーの後、抜け落ちる量が異常に多く感じたり、パラパラと床に落ちる髪の毛を見て、凄く不安になる方もいらっしゃるでしょう。まったく抜けない方もいらっしゃいます。

 

私たちの髪の毛は、周期によって髪が生え変わっています。

 

 

髪が成長する、成長期

      ↓ 

成長を終える、退行期

      ↓ 

抜け落ちる、休止期

 

 

妊娠すると成長を促進させるエストロゲン(女性ホルモン)が増加し、抜け落ちるはずの髪の毛が抜け落ちず、成長期に入ったままの状態になります。

 

上記のことから、妊娠中は、抜け毛が減っています。しかし、出産後は、エストロゲンの分泌が元の通常の状態に戻るため、抜け落ちなかった髪が、一気に抜け落ちてしまいます。

 

個人差によります5ヶ月くらい続く場合がありますが、ホルモンバランスが元の状態に戻れば、必ず髪は生え変わってきます。 

 

文責:谷藤里絵