産後ガードル、産褥ニッパー、骨盤ベルト…どれがいいの?

 

出産後の準備をしている妊婦さんや、産後のお腹のたるみがとれない女性から、「産褥ニッパー」とか「骨盤ベルト」って必要なの?どれを買えばいいの?というご質問をよくいただきます。


◆ 骨盤ベルト

緩んだ骨盤を固定すべく、細いベルトを骨盤に巻く

(トコちゃんベルトなど)

◆ 産褥ニッパー(ウエストニッパー)

マジックテープみたいなもので、お腹周りをぐるっと締め付ける


◆ 産後サポーター

ニッパーほど締め付けない、腹巻きのようなソフトなもの

◆ 産後ガードル

履いてお腹から太ももまで広範囲に締め付け、さらにお腹周りをマジックテープなどで締め付ける。

 



妊娠中は、産後の体がどうなってしまうのかわからない人が多いため、「体型を戻す」目的で準備される方が多いのではないでしょうか。

産後は、見た目の問題だけではなく、人それぞれ色々な症状が起こります。

 

出産直後から使い始めて、膀胱を圧迫してしまって尿モレがひどくなったり、締め付けすぎて内臓が下垂してしまったり、頭が痛くなったり、つける場所を間違えて腰痛を引き起こしてしまうなど、使い始める時の体の状態や使い方によって弊害が出てしまうこともあるので、産後のサポートグッズを使うのって、すこぶる難しいし大変なのです。


これらのグッズを使う目的もさまざま。

 

★子宮の回復

★内臓下垂予防

★皮下脂肪の引き締め

★腰痛や痛みの緩和

★ウエストラインの補正

★骨盤の矯正

 

それぞれの目的に応じて、使用開始時期や適したグッズが異なります。色々な情報があふれている世の中です。

とにかく、世の中のキャッチコピーに惑わされず「焦りすぎない」ということが基本です。

 

*        *        *

 

では、自分に合ったグッズはどうやって選び、いつ使えばいいのでしょう。


まず、妊娠中。

 

お産の準備による女性ホルモンの影響から、筋肉や靭帯が柔らくなり始め、それが原因で尿モレや恥骨痛、股関節痛、腰痛などを発症される妊婦さんもいらっしゃいますので、そんな時は「骨盤ベルト」にしっかり頼ってくださいね。使用にあたっては、専門家(医師や助産師さんなど)に相談しましょう。

そして、出産後。

十月十日かけてゆっくり変化した体を、いきなりギューギューとガードルやニッパーで締め付けるのは、体のトラブルを引き起こす原因になりますので何が自分に必要なのかじっくり考えてから購入しましょう。

ビューティクルが考える、産後に下着やベルトで外部サポートしてもらいたいケースは、

◆痛みがある場合
◆骨盤がグラグラして安定感が感じられない時 

産褥期(出産直後~3週間くらい)に恥骨の痛みや股関節痛、腰痛などの「痛み」が発症して歩いたりする事が痛くてどうしようもない場合には「骨盤ベルト」の装着をおススメしています。(しかし、ベルトを巻く位置を間違わないように!

 

【へそより上ではなく、恥骨の上に巻く】

感覚としては、だいぶ下のあたりです。



骨盤ベルトを装着していても、産後1か月間は、立ち仕事を出来るだけ控えて、関節や内臓に負担がかからないようにしましょう。また、どうしても骨盤周りの違和感が気になる方は、体を締め付けすぎない産後サポーターくらいなら、温め効果もありますので、ご使用ください。

 

産後は基本的に、使えなくなっている(機能しない)筋肉を使えるように回復するということが、とてもとても大切です。体が自然の力で戻ろうとしているのを、ガードルやニッパーがしゃしゃり出て筋肉の代わりを担ってしまうと、筋肉が怠けてしまうどころか、ガードルやニッパーが手放せない体になってしまいます。

 

骨盤ベルトやニッパーを付けていれば 「骨盤が整ったり、大きくなったお尻が小さくなったり、 お腹のお肉が目立たなくなる」というのは一時的なもの。ベルト、ニッパー、整体、エステで引き締めても、「筋肉」が機能しなければ、あっという間に元通りなのです。だから、「筋肉」を使うエクササイズは必要不可欠なのですね。痛みや骨盤グラグラが治まり、生活リズムが整ってきたら、骨盤ベルトを装着する時間を減らし、自分の筋肉でサポートする力をつけましょう。

 

何度もいいますが、産後の体(骨盤調整、子宮回復、脂肪引き締め)をケアする為に、ビューティクルが最も重要だと考えているのは自らの力で「筋肉を使う」ことです。

出産後のお腹にびっくりしてショックを隠し切れず、ついついニッパーで脂肪を引き締めたくなりますが、まずは消耗した自分の体を労わり、体調に合わせて回復させていきましょう。