2014/05/30 無料訪問エリアについて


HPに記載しておりました、訪問産後ケアの「無料訪問エリア」がわかりづらいというご意見をいただきましたので、訂正しています。

【東京都】 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、昭島市、稲城市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市

 

【埼玉県】 さいたま市・入間市・所沢市・新座市・朝霞市・和光市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・八潮市・三郷市・越谷市・富士見市・志木市・三芳町・ふじみの市・狭山市・川越市

 

【神奈川県】 横浜市・川崎市

 

※ただいま、無料訪問エリア拡大準備中です

※その他のエリア(国内)につきましては、有料にて全国出張いたします。出張料金はお問合せください。

需要がある地域には、どんどん産後スタイリストを増やしていく予定です。

「女性の健康」は自分のため、さらには子供、家族、社会の為でもあります!

出産という体の大きな変化の時こそ、体を回復、調整してもらいたいと思っています。

出産後、子供に手がかかりすぎて、なかなか自分の為に時間や投資することを躊躇しがちだけど、受講した方々は声高に「やって本当に良かった」という感想をその場でいただきます。

これは、「贅沢」なこと!ではありません。

昔は「水」は水道から出るものでしたよね?
でも今じゃ、お店で「買う」人もいる時代。

昔の方々は「昔はそんなの必要なかったわ~」なんておっしゃいます。
でも、「今」は必要なのです。

それは、なぜか??>ビューティクルの提唱する産後ケアをお読みください。