2014/07/31 お客様ボイスギャラリー@バラボ育児

 

「おうちにある柔らかいボールで抱っこはずみをなんとなく行っていたので、正しいやり方を知りたいです。」とのお申し込みを頂いてお伺いしました。

産後6か月の娘さんと、「キャっキャと喜んで遊びに使ってはいたけれど、寝た事はないです。」と仰っておられたそうですが、

 

抱き方、はずみの大きさなど、産後スタイリストが伝授し、お母様が抱っこしてはずんだ瞬間に、目を閉じて~~ス~~~~っと眠りについたそうです。

お客様は、「さっきも結構お昼寝したし、今まで一回も寝たことないのに~ほんと、凄いですねバラボ。抱き方の角度とか弾み方大事ですね」と感動されていたとのことで、喜んでもらえて、お母様の笑顔とお子様の可愛い笑顔にスタイリストも喜びのお仕事だったとのことです。

「バランスボールではずむ」想像をしてしまうと、すぐに「大丈夫なの??」と思ってしまう方々がいらっしゃいます。

長時間、車のチャイルドシートに乗せてドライブする方が、赤ちゃんの体に負担がかかります。ついつい、バウンサーをガンガン動かしてしまっている(結構このパターン多いですよ、、そっちの方が寝るから、、、という理由で)方が危険です。

立ったまま、左右に大きく振ってあやすほうが、赤ちゃんを落としてしまう危険性が高いです。腰も、肩も、腱鞘炎の手といった悲鳴をあげている体で抱っこする事の方が、「しんどいから早く寝て~~~~」といった気持ちも伝わり、赤ちゃんも寝てくれません。

ボールでは寝てくれる☆という安心感を持って抱っこすると、魔法にかかったお姫様のように寝てくれる、、そしてそんな赤ちゃんを見ていると、母自身も癒されて、落ち着いて育児ができるというもの。

体も整い、赤ちゃんもグッスリのバラボ育児のご利用、誠に有難うございました。