What's ビューティクル


BeautiClueに込めた思い

美とは、外見の美しさはもちろん、内面の美。そして、人生そのものを美しくする 出会い・気づき・成長のきっかけを創造して「美しく生きる」お手伝いをする。それが、私たちの使命です。


↑ Page Top


私たちが考える”産後ケア”

●昔は必要なかった!?産後ケア

 日本では、他国に比べて産後ケアがまだまだ遅れています。「妊娠・出産は病気ではない!」という昔ながらの認識がまだ根強く残っているのかもしれません。

 子育てを終えた女性が「昔は…」と、自身の子育てと比較することがあります。実際、現在は便利な育児グッズや電化製品のおかげで主婦業はとても楽になりました。しかし一方で、便利になりすぎたための弊害もあるのです。

 

 昔と比べ、今は歩く、立ち上がるといった下半身の筋力を使う機会が激減しています。昔の産後は、たとえばトイレも和式スタイルであったりと、生活そのものが母体の筋力を回復させる良いトレーニングとなっていました。

 つまり、昔は子育てしながら自然にできていた産後ケアも、今の時代では意識的に行わないと回復しづらくなっています。

 

●産後の女性はこんなトラブルを抱えています

 

 お産に備え、骨盤の骨をつないでいる靭帯がゆるみ、腹筋群が伸びて筋肉が機能しなくなります。出産時は、骨盤底筋群が損傷して力が入らなくなり、さまざまなトラブルを引き起こします。

 

 主な産後トラブルだけでも、次のような症状を抱える人が多いです。

 

肩こり/頭痛/腰痛/会陰の痛み/恥骨の痛み/膝の痛み/背中の痛み(張り)/坐骨神経痛/冷え/むくみ/便秘/腱鞘炎/尿漏れ/膣水漏れ/痔/抜け毛/乳腺炎/体力不足/腕が上がらない/お腹のたるみ/子宮膀胱脱

 

●産後のダメージが回復しないまま頑張り続けてしまうのはこんなに危険!

 

更年期、老後にトラブルが再発しやすくなり、慢性疾患の引き金になることも。

 

◇イライラしやすくなり、赤ちゃんに当たってしまうこともあります。最悪の場合、虐待や育児放棄といった事態を招きかねません。

 

疲労と性欲の低下により、夫婦生活を拒否するようになります。これにより、近年は2人目不妊に悩む人も多く、少子化に拍車をかけています。

 

体力に自信がもてず、仕事との両立を諦めてしまう女性も多く、社会からの疎外感からさらに不安が増していきます。

 

ストレス過多により夫婦喧嘩が多くなり、離婚危機につながる…いわゆる産後クライシスを引き起こしてしまうおそれがあります。

 

◇自律神経が不安定な状態が続き、ネガティブ思考、産後うつといった精神的ダメージへと発展してしまいます。

 

●だからこそ大切な産後ケア。まずは母体の回復から!

 

 母性によってママの頭の中は赤ちゃんのことでいっぱい。ついつい、自分ことはすべて後回しにしてしまいがちです。いつしか痛みやストレスといった心身からのSOSにさえも意識がいかなくなり、悪化・慢性化してしまうことも。増えた体重は時間が経つほどに落としにくくなってしまい、それがコンプレックスになってしまうこともあります。

 

 そんな、心身共に疲れ切ったママに真っ先に気づいてくれるのは赤ちゃんです。笑顔の消えたママのことが心配で不安で泣きだし、泣き止まない赤ちゃんにまたストレスが…という悪循環に陥りがち。

 

 ママの笑顔は家族の元気の源です。まずは母体をしっかり回復させ、心と体を健康な状態にしっかりとリセットしましょう。

 

↑ Page Top

 


訪問(出張)サービスにこだわる理由

「産後の体回復を、誰でも当たり前に行える社会へ!」そんな思いで、ビューティクルは訪問(出張)型の産後サービスを展開しています。

パワフルに外出できちゃう女性も、とても赤ちゃん連れで運動なんてできないわ~と考えている人にも、訪問サービスはおススメです。


*訪問(出張)型サービスのメリット*

 

◇ マンツーマンで自分の体にあった産後ケアエクササイズが覚えられる

◇ 恥ずかしくて誰にも聞けなかった、体の不調などの相談ができる

◇ 託児などの心配もなく、自分の為の時間を持てる

◇ 自宅なので、赤ちゃんや上のお子様も落ち着いていられる

◇ もし赤ちゃんが愚図ったり泣いたりしても、誰にも迷惑をかけずに落ち着いて対応できる
◇ 誰にも気を遣わず、お化粧も洋服も気にせず、産後の素のままで取り組める

◇ 外出したくない人も産後ケアに取り組める↓↓↓

 

「育児サロン」や「ママサークル」など、さまざまな子育て支援のコミュニティがあります。

ところが、最近は外出に消極的なママも増えてきています。その主な理由はこの2つ。

 

●理由1 外に出る気力がおきない

 

・睡眠不足、疲労で何もやる気がおきない

・時間があったら少しでも寝たい、休みたい

・体重も戻らず抜け毛や肌荒れがひどく人に会いたくない

・ママ友ができるか不安、年齢的に浮いてしまいそうで気がすすまない ・・・など

 

●理由2 子連れで出かけるのがおっくう

 

・実家も遠く、気軽に子供を預けられる人がいない

・インフルエンザやノロウイルスなどの感染病が怖くて外に連れて行きたくない

・荷物が多くなりすぎて、気軽に外出できない

・ベビーカーで電車に乗るのは不安だけど、一日抱っこで過ごす体力もない

・外で泣いたり騒いだりしたら周囲に迷惑をかけそうで心配 ・・・など

 

自宅から出られない人こそ「体力回復の産後エクササイズ」が必要です!

 

 ただでさえ、産後はホルモンの急激な変化によっていわゆる「産後うつ」になりやすい時期です。自宅にこもり、子供と向き合いながら孤独な毎日を過ごしていると、気分はふさぎ込んでしまいます。

 

 子供は可愛いのに気持ちは落ち込んでしまい、自己嫌悪に陥ってしまい産後うつになってしまうということも。そんな、気軽に自宅を出れない人こそ、産後ケアで体と心の元気をとり戻してほしいと考えています。

 

 産後スタイリストは、みんな出産経験者です。だからといって、自分の育児経験を押し付けるようなアドバイスは一切致しません。産後女性の話に耳を傾け、寄り添い、共感しながらサポートしています。

 

 

↑ Page Top