出産後の疑問はここで解決!産後ナビ
出産前から知っておきたい!産後の体回復スケジュール
いつから何をやったらいいの?産後ダイエットQ&A
今日からできる!産じょく期(産褥期)のセルフケアメニュー

Q 1. 骨盤ベルト、産褥ニッパー、産後ガードル、 産後サポーターは必要ですか?

産後の体の状態は人それぞれ。ベルトやニッパーなどの使用目的もさまざまです。基本的に産後半年ほどは、骨盤はゆるんでグラグラ不安定です。 恥骨痛や腰痛といった自覚症状がある場合は、骨盤ベルトの装着をお勧めします。なんとなく骨盤の安定感が悪く、ソフトに固定したい場合は、柔らかい産後サポーターで充分。このように、産後の体に合ったケアグッズを選ぶのが一番なので 妊娠前に焦って買い揃えなくても大丈夫です。ダイエット目的で外からギューギューとお腹を締め付けるのはNG。尿漏れや頭痛といったトラブルの原因となることもあるので控えましょう。また、骨盤ベルトを装着するときは、産後スタイリストや助産師さんに相談しましょう。参考ブログ★「産後ガードル、産褥ニッパー、骨盤ベルト…どれがいいの?」

Q 2. 妊娠前の体重に戻すことはできますか?

妊娠中についた脂肪は普通の脂肪に比べて落としやすい流動性の脂肪です。このため出産後は運動で基礎代謝量を上げることで無駄な脂肪を落とすことができます。ただ、体重は戻ったのになぜか妊娠前の洋服が入らない…というのが産後の悲しい現実。体重を落とすだけではなく、引き締めたい部位の筋肉を普段から意識的に使い、さらに歪みを正しピンポイントエクササイズで集中ケアすることが大切です。ただし産後の体はデリケートなので、いきなり負荷の高い運動はNG。産後の体に合ったエクササイズを選びましょう。詳しくは、産後ダイエットQ&Aもあわせてご覧くださいね。

Q 3. 産後の体型も気になるけれど、体のあちこちにトラブルが起こるって本当ですか?

産後はどうしても体重や体型など”外”が気になるのが正直な所ですが、母体の”中”は大事故に遭遇したといっても過言ではないくらい傷ついています。個人差がありますが、一般的に産後は体力・筋力・身体機能が著しく低下するために非常に疲れやすく、さまざまな部位に痛みや違和感などのトラブルが発生しやすい状態にあります。さらに、育児による寝不足で自律神経が乱れやすく、また抱っこや授乳などで同じ姿勢を取り続けることで腰痛や肩こりなどを発症しやすくなります。自律神経の乱れやホルモンの急激な変化によって精神的にも不安定な状態に陥りやすい時期でもあります。まずは産後女性自身がそれを自覚して、産後ケアを意識的に行うことが大切です。

Q 4. 産後のケア次第で妊娠前よりもキレイになれるって本当ですか?

はい。産後はまさに"ビューティフルチャンス!"です。産後は、骨盤を型どっている骨どうしを結ぶ結合組織(主に、靭帯)が柔らかくなって、骨盤(関節)がゆるむのです。(出産直後に骨盤がグラグラするのを感じられる方が多いのはこのためです。) この関節がゆるんでいる時期は「骨盤」や「骨格」の歪みを整えるのに最適。ゆえに、女性が劇的にキレイになれるチャンスは「the 出産後」なのです。詳しくは、妊娠中に知っておこうもあわせてご覧くださいね。

Q 5. 産後のケアは、いつから始められますか?

産後の一ヶ月検診を終えた頃から始めるのが一般的ですが、体の回復には個人差があります。そこで、ビューティクルでは「産後の体の痛みが落ち着き、育児にも慣れてきた頃」に始めることをお勧めしています。焦って出産直後から始めるのは体に負担がかかるのでNGですが、産後数年経過していても、産後ケア・産後エクササイズするには遅すぎるということはありません。さらに詳しくは、産後ダイエット!なにを、いつから?をご覧ください。

Q 6. 産後にお餅を食べてはいけないというのはなぜですか?

実は、粉ミルクが普及していなかった昔は「白米よりもお餅を食べておっぱい沢山出しましょう~」とも言われていました。 なぜなら、お餅は母乳の分泌を促進させてくれる食べ物だからです。母乳は母親の血液が変化して造られており、血糖値を下げる働きをするホルモン(インスリン/インシュリン)の影響を受けています。 このため、白米等に比べて血糖値を上げやすい食品であるお餅を食べると、母乳の分泌がアップするのです。ところが、母乳が沢山作られても赤ちゃんが飲みきれないと、乳腺が詰まり乳腺炎を引き起こす原因になることがあります。 また、血糖値が高いと母乳の元となる血液は粘ちょう(ドロドロ血液)になり、母乳の性状も粘ちょうになることから、乳管が詰まりやすくなる原因にもなります。 このため、近年では「産後はお餅を食べるのは控えましょう」という指導も行われています。お餅に限らず、母乳の質や分泌に影響を及ぼす「脂っこいもの」「甘いもの」「高カロリー」の食べ物は控えめにすると良いでしょう。

Q 7. 産後1年くらい経ちます。母乳もあまり出なくで1ヶ月でミルクに変えました。乳首が何もしないといたくないんですが手で押すと少し痛みます。何か病気なのでしょうか?

乳首に触れた時に痛みを感じるとのことで、病気?産後の影響?など様々な不安をお感じのことでしょう。産後1年程経過しているとのことですが、女性ホルモンやストレスの影響もあるかもしれません。しかし、痛みを自覚されてからの期間や、痛み方、痛みの程度、痛む場所などによっても診断は異なります。不安が募るとストレスも痛みも増してしまうこともありますので、何よりまずは「安心を得るため」というお気持ちで婦人科や乳腺外科を受診されることをお勧めします。


産後に関する疑問・お悩みは以下フォームからご質問ください

メモ: * は入力必須項目です


回答は当サイトに掲載します。

産後と関係のないご質問およびお答えしかねるご質問は掲載いたしません。ご了承ください。

なお、個人的なご相談は産後カウンセリング(有料)をご利用ください。