産後スタイリングアソシエイト


Mission

産後女性が自身の健康と美を追求し、心にも余裕のある豊かな育児生活をスタートすることを目的に産後ケアサービスの普及に努めています。 


Education

産後ケアのエキスパートを育成しています。

ビューティクルの産後スタイリスト養成スクールで所定のカリキュラムを修了し、産後スタイリングアソシエイトに認定を受けた産後スタイリストは、産後ケアサービスを提供するエキスパートとして活躍することができます。


Team

産婦人科医・助産師・理学療法士・カウンセラー・産後スタイリストの産後ケアエキスパートチームで、産後ケアサービスの研究・開発に取り組んでいます。


Members

産婦人科医 前田宗徳

profile

医療法人 向来会 前田クリニック院長/産婦人科認定医/医学博士/新生児仮死蘇生法「専門」Aコース修了認定/母体保護法指定医

 

1987年 私立北里大学医学部卒業後、同大学に勤務。

新生児未熟児・麻酔科をローテートし、産婦人科病棟チーフ北里大学医学部研究員となる。

大学研究員中、活性酸素の研究・出生前超音波の研究を行い博士取得。

行政法人国立機構相模原病院を勤務後、再び大学研究員復帰、非常勤講師となる。

1996年より前田クリニック院長に就任。

message

 産後ケアは、身体や精神の回復を促すことが重要であると同時に、母親の状態は赤ちゃんに強く影響を受けることを忘れてはいけません。

 

 勤務医の頃、母親そして病棟に勤務する助産師・看護師も「おっぱい」に専念していたような感じで、産後についてはあまり気に止めていなかった気がします。

 産後の生活指導はもちろんありましたが、具体的に腰痛・抜け毛・尿漏れ・産後うつの話や対策指導などは殆どありませんでした。”時間が解決する”とか”家族で協力”しなさいで済ませていたように感じます。

 

 協力者として期待されている夫は、出産後は妊娠前の健康な状態にすぐ戻るものだと信じているので、女性が望むような手助けは難しいのでしょう。前田クリニックでは、真剣にこれらについて訴える産後女性が多いですが、医師は薬などで治すこともできず、当たり前の事を話すしかありません。

 

 当院では、腰痛や尿漏れの原因である骨盤のゆがみに対して骨盤ベルトを推奨していますが、心と身体のケアには、話すこと、聴くこと、理にかなった運動が必要であると感じています。

 産後にバランスボールを使ったエクササイズをすることで心身ともにケアすることができ、産後うつ状態に近い母が以前と比較して少なくなっただけでなく、母としての自覚によって女性がさらにキレイに変化しているのを感じます。

 産後の大変さを十分に理解した上で、産後の心と体のケアは重要であると考えます。

 


助産師 池田匠美

profile

助産師/看護師保健師日本ベビーサイン協会認定講師・英検2級(外国人対応可)/みひかるサロン&助産院 室長

 

 日赤看護大学、助産師課程卒業。

 地元の成田日赤で働いたのち、理想の産院”育良クリニック(中目黒)”に就職。

 なかなか授からず不妊治療のため夜勤をやめてみようと思っていたら妊娠!育休をいただくつもりが、あまりの体調不良と切迫体質でやむなく退職。思いがけず専業主婦となる。

 そこで子供とずっと向かい合う子育ての大変さを実感。同時に、たくさんのママ友の相談にも乗っているうちに病院勤務では気がつかなかった子育て支援の大切さに気づき、2009年、みひかるサロン&助産院を開設する。

 

2003、2006年出産(1娘1息子の母)

2005~ベビーサイン講師、出張母乳マッサージ、スリングやおっぱいの講座   

2008~世田谷区新生児訪問指導員に登録

2009〜マタニティーヨガ資格

2012~トコちゃんベルトアドバイザーとして骨盤ケアクラス、まんまる育児クラス開催

message

 東京・自由が丘のみひかるサロンでは、ビューティクルのボディバウンスボール講座を定期開催しております。ボールで楽しく弾んでいるだけで、骨盤や産後の体が整うエクササイズは大変好評です。

 

  妊婦時代は骨盤ケアに熱心な方も、産後は運動をする時間がないまま、気づくとママの体力や筋力が落ちてしまい、諸々な症状が…運動が得意でない方も自分時間が少ない産後も続けやすい、産後ケアをお勧めします


助産師 高野和子

profile

助産師/高野母乳育児相談室 室長/公益財団法人母子衛生研究会 母子保健相談員/所沢市新生児・妊産婦訪問指導員/埼玉県入間郡三芳町嘱託助産師/公益財団法人日本助産師会会員/一般社団法人埼玉県助産師会 所沢地区会員/埼玉県小児保健協会会員/一般社団法人日本母乳の会会員/日本母子ケア研究会会員/彩の国予防接種協議会会員/新生児仮死蘇生法「専門」Aコース修了

 

 1985年に神奈川県立看護専門学校助産師学科卒業。

 18年間の病院勤務の後、2003年に母子が本来持っている力を最大限に発揮できるようケアを提供することを理念に掲げ、地域の母子・家族を取り巻く環境に配慮した高野母乳育児相談室を開業。

 

 母乳相談・育児相談の他、地域での様々な子育て支援事業及び性教育・更年期講座等を手掛け、幅広いライフサイクルの視点で地域母子保健や思春期保健の向上に努めている。

message

 30年近く母子ケアに従事し、母親の身体や精神の健康状態が育児や家族関係にも強く影響を与えている現状に直面し思うことは、産後ケアの重要性です。

 

 育児のストレスや疲労で運動なんて…と気を抜いていると、10か月かけて伸びきった体はどんどんたるんでいきます。母乳も自然に出るものと考えている方もいますが、緩んだ体で姿勢や血行が悪い・産後クライシスなどの影響で分泌にも影響を与えます。なんといっても家族の健康は、母親の笑顔が作っていると思います。

 

 女性が自分らしく・母親らしく・きれいな奥様でいるには、努力が必要です。

 産後疲れを発散し、心と体の健康を保ち楽しく続けられるビューティクルの産後ケアを推奨しています。


理学療法士 吉澤祐美

profile

理学療法士/日本女性骨盤底医学会 会員/産後リハビリテーション研究会 会員/ウィメンズヘルス理学療法研究会 会員/日本理学療法男女医学会 会員

 

 学生時代、シンクロナイズドスイミングの選手として世界大会にも出場経験があり第一線で活躍。

 その後、理学療法士を志し、1998年に資格を取得。現在、脊髄損傷のリハビリテーションに従事する傍ら、産後の母体についての研究にも励んでいる。

message

 10代はアスリートとして過ごしていた私は、体力・精神力ともに多少なりとも自信がありました。ところが、妊娠・出産を経て、産後女性にまつわる身体的・精神的トラブルを自ら体験。

 理学療法士という身体ケアを行う立場にありながら、理学療法分野では産後女性に対してのケアはまだまだ不足しており、理解すらされていないということを実感しました。

 

 現在、体幹ローカルマッスルや骨盤底筋群の機能についての学びを深めながら、産後女性によりよいエクササイズを提供できるよう日々学び研究を深めています。


カウンセラー 郡山恵子

profile

産後スタイリングアソシエイト認定 産後カウンセラー

日本キャリア開発協会認定CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)

 

 大学卒業後、IT企業に入社し、システムエンジニアを経て人事部へ異動。

 約10年間社員の人材育成に携わった後、2012年にキャリアカウンセラーとして独立し、現在は女性支援を専門に活躍中。

 

 プライベートでは2児の母。ビューティクル主催の各種セミナーや、産後スタイリスト養成スクール等で講師を務める。

message

 会社員時代に2度の出産、産休・育休を経験。制度や職場の理解ともに恵まれた環境でしたが、それでも育児・家事・仕事の両立にはたくさんの壁が立ちはだかっていて、毎日が必死でした。

 

 働き続けたい気持ちがあっても、出産を機に自分のキャリア(仕事のみならず、自己の人生設計も含めて)を諦めてしまったり、後回しにしてしまう女性がたくさんいる現実は、本人にとっても社会にとっても、「なんてもったいない!」と感じます。

 

 しかし、自分のキャリアなんて考える時間も気力も無い…というのが、忙しい母の現実。産後は、体はもちろんのこと、心も、さらに脳までもがダメージを受けてしまうので、誰もがネガティブ思考になりやすいのです。

 また、頑張り過ぎてしまい、心身にダメージを負ってしまう場合も少なくありません。

 産後の急激な心身と環境の変化に適応するためには、周囲のケア(支援)が必要不可欠です。

 

 母がいつまでも美しく、笑顔輝く家族の太陽でいられるように、産後の心と体ケアをお手伝いさせていただきます。


産後スタイリスト 谷藤里絵

profile

株式会社ビューティクル 代表取締役

産後スタイリングアソシエイト認定 産後スタイリスト(スーパーバイザー)/BBB®コーチ

 

 自身の出産を機に産後の心体について興味を持ち、産後ケアについて自ら学び始める。

 

 2007~2009年にNPO法人マドレボニータ認定 産後セルフケアインストラクターとして活躍。2010年に「産後の女性を救う為のサポートをさらに全国に広めたい!」という信念を掲げ株式会社ビューティクルを設立。

 

 現在も産後ケアの普及に精力的に取り組む。

 

詳しくはこちら


谷藤里絵アメーバブログ「人生のふとしたきっかけを大切に」


message

 出産後、思い描いていたライフスタイルとは真逆の生活に不安や焦燥感を抱きながら過ごしました。

 出産から一気に変わってしまう環境は、母にとってはいつ抜け出せるかわからない暗闇の中にいるようなもの。

 出産後の女性は、心・体・脳すべてに大きなダメージを受け、慣れない育児、変化の無い毎日、右も左もわからない手探りの生活の中で、母親として必死に一日一日を乗り越えているのが現状です。

 

 しかし、そんな思い通りにいかない産後ライフをネガティブに捉えず、”妊娠・出産は、さらに美しくなれるタイミング”であると考え行動してみてはいかがでしょうか。

 

 人間の心・体・脳は密接に影響をおよぼしあっていることを女性自身が知り、内面から輝きを放つ”女美力”を磨いてほしい。そして、妻であり、社会の一員である女性、そして家族の太陽である母親が、笑顔で楽しい人生を過ごせる、マザーウーマンバランスを楽しんでいただきたいと願います。母の楽しむ生き方は、必ずや子どもの幸せや家族円満にもつながっていくことでしょう。

 

 産後は弱った心と体を回復させることで、出産という経験が大きな自信に変わり、自尊心を高め、さらには”女美力”に磨きをかけます。そのターニングポイントの出産という「きっかけ」を大事に、自分らしい人生を私たちと一緒にデザインしましょう。


産後スタイリスト 谷藤里絵

profile

産後スタイリングアソシエイト認定 産後スタイリスト(サンゴ)

message

 幼い頃からバレエを始め、出産前は劇団舞台ダンサーとして忙しく刺激的な毎日を過ごしてきたこともあり、体力には人一倍自信がありました。

ところが、出産後は予想もしていなかった数々の体調不調に悩まされ、気持ちが落ち込むこともしばしば。様々な場所に出かけ、体を動かしたりもしましたが、産後の体に負担をかけてしまったのか、体調を崩したこともありました。出産から2年程だったそんな時、ビューティクルの産後ケアに出会い、身も心も健康な昔の「私」を取り戻すことができたのです。

 

 いつのまにか身体を動かすことを忘れていましたが、ビューティクルの産後メソッドで体力もつき、気持ちも前向きになることに気付きました。

 

 母として、妻として、女性として、この産後ケア・産後エクササイズの素晴らしさを一人でも多くの女性に体感してもらいたい!そんな想いを常に忘れず、お客様の元へ参ります。

 

ビューティクルの「1分でわかる訪問産後エクササイズムーピー」出演中!


カウンセラー 郡山恵子

profile

産後スタイリングアソシエイト認定 産後スタイリスト(ダイヤ)

社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定チャイルドボディセラピスト1級/ハピコミおやこヨガインストラクター/ままのて♪認定ふれあい遊びアドバイザー


手島瑠美アメーバブログ

「訪問ベビーマッサージ教室にっこり」


message

 私は元々体力に自信があり、風邪もひかず、元気がとりえでした。しかし産後は、体力が落ちてすぐ疲れるようになったり、風邪をひきやすくなったり、慢性的な肩こりなど…産後の身体の変化に愕然としました。母になると可愛い赤ちゃんのお世話で大忙し!自分の不調はついつい後回しになりがち…。

 でも私は、母がいつも元気でニコニコご機嫌でいられることが一番大事だと思っています。

 

 ビューティクルの産後ケアで体力と筋力を回復していくと、体も心も元気になります。

 「赤ちゃん産んだらビューティクルの産後ケア」が当たり前の世の中にしていきます!

 

 先日第三子を出産し、あらためて産後ケアの大切さを実感しているところです。産休育休後はさらにパワーアップして戻って参ります!


profile

産後スタイリストアソシエイト認定 産後スタイリスト(パール)

保育士

幼稚園教諭2種

NPO法人女性の健康とメノポーズ協会 女性の健康とワーク・ライフ・バランス推進員

AEAJアロマセラピーアドバイザー取得

message

 出産後にこれほど自分の体と心に大きな変化が起こるとは、経験するまで知りませんでした。

 それまでの私は新天地での生活や新たな人との出会いにも積極的で、アメリカでベビーシッターをしたり、帰国後は働きながら子供向けのボランティア活動に携わったりと前向きな性格でしたが、産後は一変して初めての人が集まる場に行くのが億劫になり、疲労と睡眠不足からのイライラ、そして自然と涙が出たりする自分に驚き戸惑いの日々でした。

 

 産後9か月で仕事復帰してからは、子育てと仕事の両立の厳しさを経験し、産後ケアや仕事復帰支援がいかに大切であるかを考えながら奮闘する毎日を2年ほど過ごしていました。

 そんな矢先、ビューティクルの訪問産後ケアを知り、「このサービスを供する側になりたい!」と、その時にはもう前向きな自分を取り戻していました。

 

 資格を目指した当初、私の筋力は弱ったままでしたが、ビューティクルのメソッドでトレーニングしていくうちに、筋力も体幹も鍛えられ、体の不調がみるみる改善していき、驚くと同時に「これは一人でも多くの産後女性に体験して欲しい」という思いがさらに強くなりました。

 

 懸命に子育てしていて自分の時間が持てない産後女性が少しでも楽になれるように、そしてほっとできる時間のようなサービスを提供できるよう、常に心がけて参ります。


profile

産後スタイリストアソシエイト認定 産後スタイリスト(ラピス)

看護師

助産師

message

 産婦人科外来での勤務中、妊婦さんから産後の回復や体型について多くの相談や質問を受け、出産前から産後のことを考えている妊婦さんが多いことに気がつきました。ちょうど第2子を妊娠し、自分の出産を通して助産師としてもさらにスキルアップしたいと考えていた矢先にビューティクルとの出会い!バランスボールを使った産後エクササイズや寝かしつけを知り、「楽しそう」「これなら自分でも体験しながら学びも深められるのでは」という思いで産後スタイリスト資格に挑戦しました。 

 

 産後の体に負担をかけず安全に体力を回復させる産後ケアメソッドを自分の産後で実践。すると、肩こりや腰痛から解放され、有酸素運動でリフレッシュできたことで気持ちに余裕ができたせいか、育児がさらに楽しくなりました。体重は妊娠前より落ちました。学びを進める中で、1人目の出産後は自分のことを大事にするという気持ちさえなかったことも思い出しました。

 

 産後スタイリストの資格を取得したことで、産後のママとさらに深く関わることができ、助産師としてサポートできる範囲が広がったことが何より嬉しいです。出産をゴールとするのではなく、そこから始まる育児生活を、ママが自分らしさを大切にしながら家族で楽しめるようなお手伝いができるよう努めてまいります。